車を修理したい時の業者の選び方

中古車の修理を業者に依頼する際には、「リスクの少ない選択」が重要です。とは言え、基本的には専門業者ならば的確な対応をしてくれると思っていて何ら問題はありませんが、「万が一」十分な対応が得られなかった場合には、そこに掛けたコスト(費用・時間)が無駄になってしまう恐れもあるので注意しましょう。どのような対策を講じたところで100%安心できると言う訳ではありませんが、少なくともリスクを低減する効果はあります。そこで、「どのような基準で業者を選べば良いのか」について、いくつかのポイントを紹介しておくので参考にしながら実際の行動を検討してい見ましょう。ただし、最終的な判断は個々人の置かれている状況に合わせて検討することが重要である為、むやみに妄信しないように注意が必要です。

コストパフォーマンスに納得出来るのか

中古車の修理コストは、対応する業者によって変わります。例えば、ある業者では「エンジンの圧力調整」を1万円で請け負っているとして、全く同じメンテナンスを依頼した場合に10万円の費用が必要になることもあります。もっとも、そこまで極端なコスト差は業者への評価を下げる要因にもなりますし、何よりも「利用者が減って根本的な企業運営が行き詰まってしまうリスクがあるので、ほとんどは横ばい程度の設定を採用します。具体的なメンテナンスコストの比較要因をしっかりと把握し、提示されたメンテナンスコスト(見積り)が適切なものなのかどうかという判断をすることが大切ですが、結局のところは「納得して依頼できるのか」によって優先順位は変わります。仮に高額なコストがかかってしまう状況であっても、十分に納得出来るのであれば優先的に利用する意味はあります。

アフターフォローを含めた満足度を重視

車の修理に関しては、「的確かつ最適な方法で対応しても完治しない場合」を考慮する必要があります。本来であれば10万円のメンテナンスコストがかかる作業を1万円で依頼した場合に期待する結果が得られなくとも、「安いから仕方がない」と諦めることも出来ます。しかし、10万円のメンテナンスを10万円で依頼したにも関わらず効果が出なかったとしたら、費用負担に対して大きな後悔を抱く結果にもなり兼ねません。「1回限定の対応」ということならば症状が改善されなかったとしても費用は変わらないどころか、再対応を依頼するためにもコストが必要になってしまいます。そうなっては満足度が低くなるのは必定と言えるので、「再対応を含めたアフターフォローの充実度」もしっかりと意識しておくようにしましょう。

外車、国産車、大型車など車種による追加料金は一切ありません。 東京都全域、埼玉県全域、神奈川県の一部の地域にお住いの方は無料でお車を引き取り納車することができます。 一目瞭然の料金体系!車体の色の違いによる割増料金は一切ありません。 大型車の修理はお金がかかるもの?10cm以内のヘコミなら、11,000円均一で修理可能です。 車のキズ・ヘコミの修理は【池内自動車】にお任せを!